プラセンタクリーム 気になって調べてみました。

<プラセンタクリーム 最近気になっています>

最近、プラセンタの情報でよく見かけるのが、プラセンタクリームです。
プラセンタに含まれる各種の栄養成分を含んだクリームですが、具体的にどんなものなのか調べてみました。

年齢とともに、潤いや張りを失うお肌。それを改善するためには、真皮組織に直接働きかけることが最近言われている方法です。

プラセンタは、ご存知の通り「胎盤」のこと。胎児を包み込み、胎児を成長させる様々な因子を含んだ「胎盤」には、そこ知れぬ栄養素が含まれています。

プラセンタクリームは、主に「羊の胎盤」が使われているものが多いようです。
日本で販売されているプラセンタの原料のほとんどが、ニュージーランドの羊の胎盤。

ニュージーランドの大自然で育った、羊の「メリノ羊胎盤細胞エキス」が配合されたクリームが主体のようです。

メリノ羊胎盤細胞エキスには、56種類ものバイオ活性成分が含まれていて、真皮組織に直接に作用するようです。これが、肌を若返らせ、みずみずしさを取り戻す作用のようです。

プラセンタクリームの期待できる効果は

●美肌(張りや潤い)
●肌の免疫力アップ
●紫外線
●老化防止(乾燥)
●肌荒れ、小じわ、シミ、クスミ
などです。
(個人差があります。また、商品によって含まれる栄養素が違いますので、あくまで一般的に言われているものとご理解下さい。)
 
プラセンタクリームには、この他に、各種のビタミンが含まれていて、真皮組織の機能を活性化し老化を防ぎ若さを取り戻します。

更に、プロポリス、ビタミンB5、C、E、ラノリンなどが贅沢にブレンドされているものが多く、毎日お使いいただくことにより、お肌にしっとり感とハリを与えてくれる内容になっているものが多いようです。

使い方は、お化粧前、夜の就寝前、洗顔後にマッサージと併用して使うと効果的なようです。
また、ラノリンなどの保湿効果のある成分が含まれていますので、冬の乾燥しているときでも、夜の就寝中でも肌の表面の水分の蒸発を防いでくれる皮脂膜を助け、角質層の水分を最適なバランスに保ってくれるようです。


こちらのサイトも参考に・・・
多汗症は治ります!手のひら・わきの多汗症 原因と治療法

こちらのサイトも参考に↓
手湿疹・口唇ヘルペス・顔たるみ・黒あざ・黒毛穴 写真で確認!症状と治療法
手の湿疹を治したい!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。