プラセンタ療法とは

<プラセンタ(胎盤製剤)療法について>

倦怠感、食欲不振、更年期障害でお困りの方の治療法として、プラセンタ(胎盤製剤)療法が注目されています。

プラセンタ療法は、医療用のヒト胎盤製剤の注射をすることで、体質を変えたり、病気を治療する療法です。
プラセンタ療法は下記のような疾患に効果があります。

・更年期障害
・肝機能障害
・疲れ、肩こり、腰痛
・アトピー性皮膚炎、しみ、くすみ
・にきび、そばかす、肌あれ

など、女性に喜ばれる効果が期待できる療法です。

プラセンタ療法は、患者さんの希望と同意に基づき、医療用のヒト胎盤製剤の注射をし、体質を変えたり、病気を治療する療法です。
現在、社会的にもその有用性が評価されています。

<プラセンタ胎盤製剤の作用・日常生活における使用効果>


人間の体の各器官、組織の各機能を刺激・活性化がメインの作用です。
病気に対する抵抗力、自然治癒力を高めてくれる作用は、プラセンタ胎盤製剤に含まれる、多種多様の生物学的活性作用が広く生体へ賦活作用を示し、全身の細胞組織の新陳代謝を高め、身体の異常状態を正常化してくれることで働きます。

実際にプラセンタ療法を行った患者さんは、生活面において
「元気が出た。疲労が減少した。肩が凝らなくなった。頑固な腰痛が治った。風邪をひかなくなった。冷え性が治った。視力が良くなった。食欲が出てきた。よく眠れるようになった。肌がきれいになり、シミがとれた。精力がついてきた。」などといった改善が効果として報告されています。

1本でプラセンタ注射5本分!夜寝る前の新習慣
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。