􀞣プラセンタとは?􀞤􀀂 􀟩􂸥􀩐􀧻􂷩


プラセンタってなんですか?

プラセンタとは?

プラセンタ(Placenta)は英語で、「胎盤」の意味。
私たち人間は生まれるときに、母胎と胎児の仲立ちをする胎盤から、酸素や栄養を受けて育っていきます。

胎盤の役割

「胎盤」は、胎児と母体とを結ぶとともに、両者を隔てる役割も果たしています。
母体から胎児への栄養や酸素は、母体の血液から胎盤を通り、胎児の血液に入り、逆に胎児の老廃物は、胎盤を通って母体の血液中に捨てられます。

もうひとつ、胎盤の重要な働きは、胎児への酸素や栄養分の補給や、胎児の保護に加えて未発達な胎児の各種臓器のために、それぞれの臓器の代わりをすることが挙げられています。

つまり、胎児が育つのために必要な呼吸やタンパク質を合成したり、有害物の解毒したりホルモンの分泌、排泄など、重要な働きの殆どを胎盤が行なっているのです。

このように、胎盤は、まだ未発達な胎児の各種臓器を代行する、
”万能の臓器 ”なのです。

胎盤に含まれる豊富な成分

”万能の臓器”と呼ばれる胎盤には、実に多くの栄養成分が含まれています。
胎盤は胎児、つまり人間に必要なタンパク質、脂質、糖質の3大栄養素をはじめ、ミネラル、ビタミン、酵素、核酸など含まれる栄養成分は非常に多彩です。

また、生理作用の強い各種の成長因子が存在することもわかっています。

これらの成長因子は”細胞分裂活性化因子”とも呼ばれ、人間の老化防止の役割を果たしていることも知られています。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。