􀞣プラセンタの注射􀞤􀀂 􀟩􂸥􀩐􀧻􂷩


プラセンタの注射

プラセンタ注射とは?

プラセンタは化粧品やドリンク、サプリメントや食品など多くの商品があります。
中でも効果が非常に高いのが「プラセンタの注射」といわれています。

プラセンタの注射薬で、現在、厚生労働省の認可を得ているのは、下記の2つです。
1、更年期障害及び乳汁分泌不全の治療剤としての「メルスモン」
2、肝障害の治療剤としての「ラエンネック」

<メルスモン>
厚生労働省の医薬品認可を得てから半世紀近くの歴史があります。
更年期障害の緩和や産後の母乳の出が悪い場合の治療薬として、プラセンタの各種成分が有効であると判断されているからです。
大きな副作用の報告もなく有用性と安全性が高いと考えられます。

メルスモンは、婦人科で扱われている薬です。
上記の他に、疲れをとる効果も報告されています。

<ラエンネック>
プラセンタ注射「ラエンネック」は、肝臓病の治療薬として認可されています。
1958年に,「肝硬変症」の薬として製造承認を受け、1984年に「慢性肝疾患における肝機能の改善薬」として適応症が拡大されています。

この「ラエンネック」には、主に、
・プロゲステロン(黄体ホルモン)
・デヒドロエピアンドロステロン(DHEA)
・ごく微量のエストロゲン(卵胞ホルモン)
・細胞成長因子(GF:growth factor)
・DNA複製を活発化するヌクレオチド
・アトピーや免疫性疾患における異常なサイトカイン分泌を抑制また は調節する物質
・コンドロイチン硫酸・グルコサミンなど
が含まれているといわれています。

<プラセンタ注射の方法>
プラセンタ注射の方法は筋肉注射と皮下注射があります。

プラセンタ注射は、一回の注射でも効果は実感できるようで、特に翌日の目覚めがよいという感想を聞きます。
持続時間は、だいたい2〜3日といわれています。

<プラセンタ注射の費用>
プラセンタ注射の費用は診察料込みで2,000〜4,000円が一応の目安のようです。



プラセンタ注射はもう古い!
プラセンタ注射「ラエンネック」医薬品製造会社が開発したサプリメント!
シミ・しわと徹底的に戦える武器です。
http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/07a0c522
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。