􀞣プラセンタ副作用􀞤􀀂 􀟩􂸥􀩐􀧻􂷩


プラセンタの副作用〜好転反応とは?

<プラセンタの副作用〜好転反応とは>

プラセンタは医薬品としても認められている素材の中では、副作用が少ないことで知られています。でも、人によっては副作用が出る場合があります。

そのほとんどのパターンは、「好転反応」と呼ばれるものです。

好転反応とは、良い方向に向かう際に起こる一時的な副作用のこと。
一例としては、血行が良くなった結果かゆみが出たというようなもの。
変わった所では、飲むタイプのプラセンタ・サプリであるプラセンタカプセルMDを飲んだところアザのようなものが出たという人もいます。

恐らく、血行改善の結果なのでしょうが、長く続くような場合は、念のため使用を停止して、お医者さんに見ていただいたほうがいいと思います。
非常に稀なケースとして、プラセンタが体に合わないことがありますので。

これから新たにプラセンタの使用を開始される方は、早い結果を期待したい気持ちは分かりますが、そこをグッと押さえて、最初は少量から始めるようにすることをおすすめします。
問題ないようであれば、規定量までプラセンタの摂取量(肌につけるタイプのものは塗る量)を増やすようにすると良いと思います。好転反応が最初に出ますが、それが好転反応なのかどうか、使用するプラセンタ製品の説明書に多くの場合書いてありますので必読です。

また、一概にプラセンタと言っても原材料や抽出方法は様々です。
その中に、体に合うものと合わないものがあるかもしれません。

昨今では有害な菌を保有しないように管理された豚、すなわちSPF豚から採取されたSPFプラセンタに人気が集まっていますが、
これなどは、より自然に近い(加工度合いが低い)プラセンタと言えるでしょうから副作用が少なくなる可能性があります。

プラセンタは多くの人にとって有益です。上手に使うようにしましょう。

1本でプラセンタ注射5本分!夜寝る前の新習慣

プラセンタ副作用

プラセンタの副作用

プラセンタ注射では、続けて注射を受けた場合、注射部位が硬くしこりになったりすることがあります。
注射を受けた後は、注射部位周辺をよく揉むことで防ぐことができます。

まれに、「ラエンネック」を注射した場合、成分の抗体を通常より多くからだの中にある場合、全身に発疹がでる副作用がいくつか報告がされているようです。

正しくは、プラセンタの副作用というより、身体の中にいつもと違うものが入ってきたときのアレルギー反応と考えたほうがわかりやすいと思います。
このような症状が現れた場合は、直ちにお医者さんに申し出ることです。

このような方は、「ラエンネック」の注射を受けるたびに同じような症状が出る可能性が高いので、お医者さんの指示に従ってください。

但し、前日に深酒をした場合などに、このようなアレルギー症状がでた場合は、一過性の副作用のケースもあるようです。身体に残っていたアルコール成分が反応した一種のアレルギー反応で、継続して治療を続けられる場合もあるようです。

空腹時に注射を受けると、一般に「針酔い」と呼ばれるめまいや吐き気がでることがあります。これは、プラセンタの注射に限らないことですが、空腹時の注射は避けられた方がいいと思います。

プラセンタの成分には、自律神経や中枢神経の緊張やストレスを緩める作用があることが知られています。
特に緊張やストレスの強い仕事の後は、注射をしている最中や注射後に眠くなることがあります。

また、免疫機能が高まると「だるさ」を感じることがあります。
このだるさは2〜3日継続する場合がありますが、その後は消失するようです。

過去に、プラセンタ注射の副作用でのアレルギーが新聞等で報道されたことがありますが、プラセンタ注射との因果関係は、はっきりしませんでした。

いずれにしても、注射後「おかしいな?」と思ったら、すぐにお医者さんに相談することを忘れずに。



美容業界初!プラセンタ配合ニップルフェロモン!
乳首にふれる部分に贅沢にプラセンタエキスを配合!
美容業界初!黒ずみを改善します!
http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/07a0c522
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。