プラセンタの副作用〜好転反応とは?

<プラセンタの副作用〜好転反応とは>

プラセンタは医薬品としても認められている素材の中では、副作用が少ないことで知られています。でも、人によっては副作用が出る場合があります。

そのほとんどのパターンは、「好転反応」と呼ばれるものです。

好転反応とは、良い方向に向かう際に起こる一時的な副作用のこと。
一例としては、血行が良くなった結果かゆみが出たというようなもの。
変わった所では、飲むタイプのプラセンタ・サプリであるプラセンタカプセルMDを飲んだところアザのようなものが出たという人もいます。

恐らく、血行改善の結果なのでしょうが、長く続くような場合は、念のため使用を停止して、お医者さんに見ていただいたほうがいいと思います。
非常に稀なケースとして、プラセンタが体に合わないことがありますので。

これから新たにプラセンタの使用を開始される方は、早い結果を期待したい気持ちは分かりますが、そこをグッと押さえて、最初は少量から始めるようにすることをおすすめします。
問題ないようであれば、規定量までプラセンタの摂取量(肌につけるタイプのものは塗る量)を増やすようにすると良いと思います。好転反応が最初に出ますが、それが好転反応なのかどうか、使用するプラセンタ製品の説明書に多くの場合書いてありますので必読です。

また、一概にプラセンタと言っても原材料や抽出方法は様々です。
その中に、体に合うものと合わないものがあるかもしれません。

昨今では有害な菌を保有しないように管理された豚、すなわちSPF豚から採取されたSPFプラセンタに人気が集まっていますが、
これなどは、より自然に近い(加工度合いが低い)プラセンタと言えるでしょうから副作用が少なくなる可能性があります。

プラセンタは多くの人にとって有益です。上手に使うようにしましょう。

1本でプラセンタ注射5本分!夜寝る前の新習慣

プラセンタ療法とは

<プラセンタ(胎盤製剤)療法について>

倦怠感、食欲不振、更年期障害でお困りの方の治療法として、プラセンタ(胎盤製剤)療法が注目されています。

プラセンタ療法は、医療用のヒト胎盤製剤の注射をすることで、体質を変えたり、病気を治療する療法です。
プラセンタ療法は下記のような疾患に効果があります。

・更年期障害
・肝機能障害
・疲れ、肩こり、腰痛
・アトピー性皮膚炎、しみ、くすみ
・にきび、そばかす、肌あれ

など、女性に喜ばれる効果が期待できる療法です。

プラセンタ療法は、患者さんの希望と同意に基づき、医療用のヒト胎盤製剤の注射をし、体質を変えたり、病気を治療する療法です。
現在、社会的にもその有用性が評価されています。

<プラセンタ胎盤製剤の作用・日常生活における使用効果>


人間の体の各器官、組織の各機能を刺激・活性化がメインの作用です。
病気に対する抵抗力、自然治癒力を高めてくれる作用は、プラセンタ胎盤製剤に含まれる、多種多様の生物学的活性作用が広く生体へ賦活作用を示し、全身の細胞組織の新陳代謝を高め、身体の異常状態を正常化してくれることで働きます。

実際にプラセンタ療法を行った患者さんは、生活面において
「元気が出た。疲労が減少した。肩が凝らなくなった。頑固な腰痛が治った。風邪をひかなくなった。冷え性が治った。視力が良くなった。食欲が出てきた。よく眠れるようになった。肌がきれいになり、シミがとれた。精力がついてきた。」などといった改善が効果として報告されています。

1本でプラセンタ注射5本分!夜寝る前の新習慣
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。