"大人にきび”にもプラセンタ

<大人のにきび解消にもプラセンタ>

肌の悩みに欠かせないひとつが”にきび”ですが、子供の頃の”にきび”と違って、大人の"にきび"は、中々治らず、悩んでいる人が多いようです。

にきびが出来てしまうと憂鬱な気分になりますが、一番気をつけなければならないことは、悪化させてしまい、皮膚の陥没や凸凹など、”にきび跡”を残してしまうことです。

特に大人の場合、お化粧との関連で、雑菌が”にきび根”に入って、炎症を起こしやすく、炎症が進行すると、入り込んだ雑菌が凄いスピードで繁殖するようになります。

その”大人にきび”に対して「プラセンタ」は、炎症の抑制・ニキビ跡の補修に有効なことが知れれています。

プラセンタは、抗炎症作用や、過剰な活性酸素を除去する作用、壊れた皮膚の組織の修復を促進する傷創回復促進作用、傷が治る時にできる増殖力にすぐれた組織の形成促進作用などがあり、”にきび跡”を整った肌にするうえで役に立つようです。

プラセンタの肌への修復効果は、にきび跡のほかに、やけど跡や傷跡にも効果が高いといわれていて、美容整形やクリニックの間でも、にきび対策の提案として、プラセンタでの治療を進める場合もあるようです。

プラセンタの点滴

<プラセンタの点滴>

プラセンタ注射はすでにご存知かと思います。

プラセンタの中で、医薬品として使われていて、病院でお医者さんの指導の下、治療に使われています。

もちろん、美容目的で治療を受けている方も多いのが現実です。

この、プラセンタ注射のほかに、プラセンタの点滴という治療方法もあります。
プラセンタ注射と違って、プラセンタ点滴は、血液中に直接プラセンタの栄養成分を入れることから即効性があるといわれています。

プラセンタの点滴は、医薬品として使われているものではなく、多くの場合、プラセンタ注射薬とビタミンB群、C群など美容ビタミンと言われるものを中心に配合されたものを投与する方法のようです。

プラセンタ注射は注射をうつだけですから、かかる時間は数分ですが、プラセンタ点滴は30分〜1時間程度かかります。

料金もプラセンタ注射の約2倍の量を使いますので、プラセンタ点滴のほうが注射の約2倍程度かかるようです。
ただし、美容目的の方は、プラセンタ点滴の方が、美容効果が高いので、値段より得られる効果の方が重要と考えているようです。

多くの美容整形やクリニックでは、プラセンタと独自配合のビタミンカクテル点滴を行って、美容効果を高めているようです。
プラセンタ点滴のメリットはプラセンタ注射と比べて痛みが少ないこともありますが、特筆するべきはやはり、美容効果のようです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。